[ConoHa WING]ads.txtの設定を知りたい![GoogleAdSense]

※記事内に広告を含む場合があります。

ブログ初心者
わからない君
わからない君

え?こわ…!

なにこの表示…!

ひろ
ひろ

ads.txtを更新しましょう

みなさん、こんにちは。

ads.txtの更新に時間がかかると思い

1週間寝かせてしまったひろです。

ひろ
ひろ

初期設定に苦労した記憶が…

が、今はGoogleAdSense側で

簡単に生成できるようになっていたので

あっという間に終わりました。

この記事を読むとわかること

・GoogleAdSense ads.txtエラーの対応
ConoHaWingの具体的な対応方法

今回はConoHaWingでads.txtの

更新方法を解説します。

スポンサーリンク

[ConoHa WING]ads.txtの設定 結論(忙しい方向け)

ads.txt設定 簡単3ステップ

ステップ1 GoogleAdSenseからads.txtを取得
ステップ2 ConoHaWingでファイルマネージャーを開く
ステップ3 ファイルマネージャーにads.txtをアップ

手順も少ない上に特に複雑な設定が

何も必要ありません。

もしConoHaWingをお使いでads.txtのエラーが

出ている場合はすぐに設定しましょう。

ひろ
ひろ

前回はステップ1で苦労しました💦

ダウンロードで済むのが素敵✨

スポンサーリンク

[ConoHa WING]ads.txtの設定 3ステップ

ステップ1 GoogleAdSenseからads.txtを取得

今はGoogleAdSenseでクリックすれば

txtデータを取得できます。

ひろ
ひろ

こんなに楽でいいのかしら…?

前回エックスサーバーでads.txtを

更新した時は苦労しました。

メモ帳を使ってtxtデータに

変更するのですがMacだと

やりにくかったんです…

結局Windowsを使って変換して

なんやかんやで登録しました。

ここがハードル高かったので、

簡略化されていていいですね。

ステップ2 ConoHaWingでファイルマネージャーを開く

次にConoHaWingにアクセスしましょう。

ファイルマネージャーを開きます。

まずは、ConoHaWing にログインします。

上段右に表示されている

「WING」をクリックします。

サーバーの中にある「ファイルマネージャー」

をクリックします。

PublicHTMLにあるご自身のサイトアドレスを

クリックします。

はい、これで準備完了です。

ちなみにサーバーのパスワードは

どのように管理していますか?

私は1Passwordで管理しています。

1つのマスターパスワードを覚えておけば、

複数のサイトのログインIDとPWを

保存・使用することができます。

時間効率も上がるのでおススメです。

ひろ
ひろ

1Passwordはこちら

紹介しています^^

ステップ3 ファイルマネージャーにads.txtをアップ

ファイルマネージャーのpublic_html

にあるサイトアドレスをクリックします。

アップロードボタンをクリックして

ここでads.txtをアップします。

これで終了です。

その他に面倒な作業はありません。

ただし、ads.txtが更新されたか否かは、

すぐにはわからないんですよね。

私自身も更新をして12時間くらい

時間を空けたら更新されていました。

エラーが無事に消えてますね。

ひろ
ひろ

一番手間だったtxtの生成が

簡単なのが良いですね!

もしads.txtの修正についてエラーが

出ている場合はすぐ対応しちゃいましょう!

スポンサーリンク

[ConoHa WING]ads.txtの設定 結論

ads.txt設定 簡単3ステップ

ステップ1 GoogleAdSenseからads.txtを取得
ステップ2 ConoHaWingでファイルマネージャーを開く
ステップ3 ファイルマネージャーにads.txtをアップ

手順も少ない上に特に複雑な設定が

何も必要ありません。

ads.txtの設定は現状

クリックするだけで進められます。

エラーが表示されている時は

臆せずに更新しちゃいましょう。

そこまで面倒ではありません。

ということで、「[ConoHa WING]ads.txtの

設定を知りたい!」でした。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

こちらで2020年度におススメできる
商品・サービスを紹介しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました