【Bluetoothキーボード】Ankerウルトラスリムキーボード[メリットと設定方法]

※記事内に広告を含む場合があります。

マネ-/節約/投資

Bluetoothキーボード使いやすい・・・!

わからない君
わからない君

MacBookならふつーに

キーボードついてるじゃん。

ひろ
ひろ

Bluetoothの方がいいこともあるんだよ・・・!

こんにちは・こんばんは・おはようございます。

ひろです。

ノートパソコンタイプで一つ不便だと思っていることがありました。

それはどうしても目線が下になってしまうことです。

長時間作業していると段々肩が固まってしまい、

集中力が途切れてしまうんですよね。

ということで、Bluetoothキーボードを試してみました。

比較的Macにも近いタイプを購入しました。

実際に買って使ってみた感想は・・・

めちゃくちゃ便利・・・!

ということでBluetoothキーボードの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

【Bluetoothキーボード】Ankerウルトラスリム まとめ(忙しい方向け)

メリット① MacBookと距離を置いて作業できる
メリット② ケーブルがごちゃごちゃにならない
デメリット① Mac純正品じゃないので微妙に合わない
デメリット② 単4電池を2本使用する

私が購入したのはAnker製のウルトラスリムです。

Amazonで高評価なのはこちら

1500円前後で欲しいならこちら

Apple製がよければこちら

操作性や連携のしやすさの違いはあると思いますが、

Bluetoothキーボードが適しているかどうかは

価格に限らず判断は可能です。

興味があれば最安値商品で試してみるのも手ですよ。

 

【Bluetoothキーボード】メリット① MacBookと距離を置いて作業できる

ノートPCタイプのメリットはもちろん、

持ち運びが便利なことです。

それ一つで作業が完結できるのはかなり嬉しいです。

その反面、キーボードが画面のすぐ近くに位置しているので、

どうしても画面を至近距離で見続けることになります。

やはり延々見ていると目が疲れてきて

集中力が欠けることが多かったです。

その点、Bluetoothキーボードであれば、

離れた位置にMacBookを置くことができるので、

目に優しくなりました。

ひろ
ひろ

使い始めたばかりなので効果は実感できませんが、

最近目が疲れやすいので楽になることを祈ります!

 

【Bluetoothキーボード】メリット② ケーブルがごちゃごちゃにならない

接続がUSBケーブルで行う場合だと、

どうしてもケーブル類がごちゃごちゃしてしまって、

デスク周りが汚くなってしまうんですよな💦

Bluetoothであれば、必要な時手元に持ってきて、

不要になったら片付けてと、

取り扱いがとても楽ちんです。

平日はともかく、週末はMacBookをもって

カフェにいくこともあるので、

ケーブルを抜き差ししなくて済むのは便利ですね^^

わからない君
わからない君

でもさ、有線の方が確実なんじゃない?

ひろ
ひろ

基本的に家専用なんですよね。

Bluetoothでも問題はないかなーと思います^^

【Bluetoothキーボード】デメリット① Mac純正品じゃないので微妙に合わない

Macの純正品は1万強、こちらは2千円ちょっとと、

価格差がえげつないですw

純正じゃないことで微妙にキーの配列が合わなかったりします。

とは言え他のキーボードと異なって、

Commandボタンがあるだけ十分と思ってしまいますけどw

Macの純正品をどうせ買うなら、

そもそもiMacにしてしまえば?

という話にもなりそうですし、

現状は様子見ですね。

特にAnker製でも大きな不快感は感じていませんし。

わからない君
わからない君

カッコいいから純正品買えばいいじゃん!

ひろ
ひろ

そこまで作業コスト変わらないかなぁと。

作業コスト変わらないなら、高額投資は控えたいですね~

 

【Bluetoothキーボード】デメリット② 単4電池を2本使用する

モノによっては充電機能があったりしますが、

今回のは乾電池2本使うタイプです。

正直「単3」ならいいんですよね~💦

他にもいろいろ使う用途があるので。

エネループを常備しているのですw

単4は使い道が限定的なので、

少し面倒だなという印象を感じました。

とは言え電池2本入れてもメチャクチャ軽いので、

有難いですけどね。

 

スポンサーリンク

【Bluetoothキーボード】Ankerウルトラスリムの設定方法

ワイヤレスキーボードはかなり簡単に設定できます。

MacBook側で

「システム環境設定」を選択→「キーボード」を選択

→「Bluetoothキーボード設定」を選択します。

次に繋ぎたいBluetoothキーボード側で、

ペアリングの動作をします。

「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」の場合は

「FnとZの長押し」がペアリングの設定です。

 

まず、システム環境設定で「キーボード」を選択します。

上から2段目、左から3番目ですね。

画面が開いたら次に「Bluetoothキーボードを設定」を

選択します。

デバイスの画面が立ち上がったら、

Bluetoothキーボード側で

ペアリングの設定をします。

今回は「FnとZキー」を長押ししています。

デバイスが表示されたら「接続」を選びます。

数字が6桁表示されたら、

この数字をBluetoothキーボードで入力して、

Enterキーを押すと接続が完了します。

これ以降は電源がオンの状態であれば、

普通に使用できる状態です。

 

ペアリングのキーを理解することが出来れば、

案外簡単に設定することが出来ますよ。

スポンサーリンク

【Bluetoothキーボード】Ankerウルトラスリム まとめ(忙しい方向け)

メリット① MacBookと距離を置いて作業できる
メリット② ケーブルがごちゃごちゃにならない
デメリット① Mac純正品じゃないので微妙に合わない
デメリット② 単4電池を2本使用する

ということでMacBookユーザーの方にも、

Bluetoothキーボードをお試しいただいても良いと思います✨

会社終わりにあれこれと副業に挑戦されている方にとっては、

「楽に続けられること」は本当に大切だと思います。

是非使いやすい・続けやすいは意識していきましょう。

ひろ
ひろ

これからも作業効率化を図れそうなものは

随時取り込んでいきたいですね!

わからない君
わからない君

モノ増えすぎて管理しきれない!
とかはやめてくれよな。

 

今回ご紹介したのはAnker製のウルトラスリムです。

Amazonで高評価なのはこちら

1500円前後で欲しいならこちら

Apple製がよければこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました