ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」を読んで考えた話-「知識」と「思考」- -旧ブログ記事91-

ビジネス/書評

ちきりんさん(Twitter)が2011年に出版された
「自分のアタマで考えよう 知識にだまされない思考の技術」を読了しました。

今も十分活用できる「本質」を書かれています。

私自身も「思考」の訓練をする為に一部抜粋してまとめたいと思います。

私の中で時々読み返したいと思った本の1冊です。

目次
1.それは「思考」ですか?「知識」ですか?
2.判断基準を決めましょう
3.レベルを揃えて考えましょう
4.まとめ

1.それは「思考」ですか?「知識」ですか?
本文中ではちきりんさんが「架空」に作成した「プロ野球ファンの年齢別構成比の変化」という表から

このグラフから何が考えられるのか書き出すように欄が設けられています。

それに対してちきりんさんは下のように問いかけをしています。

先ほど書いていただいたご自身の回答をもう一度見てください。そこに書かれているのは、みなさんが図1を見て「考えた」ことでしょうか?それとも図1をみる前から「知っていた」ことでしょうか?

「自分のアタマで考えよう」ちきりん著(ダイヤモンド社) P5〜P6

baseball_suburi.png

みなさんも想像がつく通り、図1とは過去から現在で比較をすると

プロ野球ファンの年齢層は高年齢の割合が増えているという表です。

ここから「プロ野球ファンの高齢化が進んでいる」
「このままでは日本のプロ野球界の未来は暗い」
「いい選手が大リーグに流出しすぎて、日本の野球はおもしろくなくなっている」

などといった意見を出すことができると思いますが、

これは皆さん「知識」としてご存知でないでしょうか?

私自身もそうですが「知識」があると「思考」せずに

決めつけてしまうことが多いなと改めて実感しました。

kangaeruhito.png

ある程度の思考をする為には「知識」が必要ではありますが、

「知識」がありすぎると「思考」せずに済ませてしまう可能性があります。

私自身最近幅広い知識を得ようとしていて強く感じることは、

これからは【知識】ではなく【思考】がメインになっていくだろうということです。

大手企業での終身雇用継続が難しいという発表

リストラや配置換え、新しい業務へのチャレンジを求める風潮

副業解禁の後押し。

これらは「知識」だけで乗り切ることはできなくなっていくと思います。

今後は「知識を使う人」が求められていくと思います。

などと言いながらこれも受け売りかもしれませんねw

ただ「思考」は意識しないとできないのは間違いありません。

今TwitterやYoutubeでビジネスを行なっている方は

「知識」があるからお金を稼ぐことができているのでしょうか?

「思考」しているからですよね。

お金を支払う「お客さん」に対して求めている事を提供できるから

お金をいただくことができているわけです。

「思考」は簡単にできないからこそ価値があります。

これは「知識」か「思考」か意識するだけでも少し景色が変わると思いませんか?

2.判断基準を決めましょう
判断基準を明確にすることも大切です。

なにかを選ぶとき、選択肢が多いと悩みますよね。どこのマンションに住むべきか、どこの学校に子供を進ませるべきか、どんな職業を目指すべきか。こういうとき、私たちは「選択肢が多すぎる!」と思います。「選択肢が多いから、迷ってしまって決められない」と感じるのです。けれど実はそれは間違いです。
決められないのは選択肢が多すぎるからではありません。決められないのは「判断基準が多すぎるから」です。

「自分のアタマで考えよう」ちきりん著(ダイヤモンド社) P116

例えば新宿で会社飲み会を企画したとします。

kanji_businessman.png

この時の判断基準を
・駅から近いこと
・値段が手頃なこと
・もちろん美味しいこと
・飲み放題があること
・コースメニューになっていること
・暑いので鍋がないこと
などなど

上記のような条件で探そうとすると恐らく全然見つかりません。

ですが飲み放題がついて2時間3,000円!
といった強制力の強い制約条件があると

割とすんなり探すことができます。

ですがこうした制約条件にあたるものがないことも多いです。

そこで役に立つのが「判断基準に優先順位」をつけることです。

いくつかある判断基準の中で、「今重要なことは何か?」を

抽出すると、判断を行いやすくなります。

ビジネスもそうですよね。

今「現金」があるのならば、ある程度長期スパンでの仕事も耐えようがありますが、

「現金」がないのならば、借金なり働くなり現金を調達する必要があります。

当然打てる手も戦略も変わるため、判断基準はシンプルにすることが大切です。

私自身も優柔不断なところがあり「あれも」「これも」と欲張る癖があります。

「時は金なり」と言いますし実際に色々やろうと思ったら

本当に時間がない事を実感しているので、

重要度が低い物に関しては判断基準を定めたいですね。

ちなみに一番悩むのが「外食をするかしないか」です。

家で用意することもできなくない。

お弁当的なものを買って帰ることもできなくない。

食べて帰ることもできなくない。

という時が非常に悩んでしまいます。

食べて帰った方が作業的には楽なのですが、

子供が寝たりぐずったりすると精神的に大変なこともあるので。

妻と子供の状況を見て決めるのは難易度高いですねぇw

本日の記事はここまでにします。

前後編とさせていただきます。

お伝えしたいことが多すぎて、まとまりきれませんでしたので…

6月20日の18時に更新予定ですのでよろしくお願い致します。

次の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました